悪魔の毒々モンスター東京へ行く

悪魔の毒々モンスター東京へ行く

作品情報

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
精神的に疲れた毒々が敵の罠に落ちて父を探しに東京に誘い込まれて適当に散策した後に帰ってくる、というお話。前作の熱量をそのままに今度はちゃんとお金を使っていることがわかります。ちゃんとメイクもサボらずに毒々の顔を真正面から拝めるポイントなどは非常にグッドです。その他のバカバカしさも程よく下品で「ああっ!最高にアホな映画を観ているなっ」と悦に浸るには充分すぎるといえます。映画としてのダメさも評価されて伝説と化している前作を超えることはないものの、ファンとしては外せない一本でしょう。シリーズ四作目『悪魔の毒々モンスター新絶叫バトル』冒頭にて「2,3作目はなかったことにしたい」と正式に認めている本作には抜群の安定感が感じられます。
関根勤が関根勤のままで登場するのはあまりに有名ですが、安岡力也が魚屋でバラバラになるのはまあおそらくこの映画だけでしょうね。
大変忙しい週での鑑賞で未鑑賞のレンタルDVDが7本ほど残っている中、本作を選んで鑑賞したことに何の悔いもございません。『ショート・ターム』の鑑賞を諦めて『悪魔の毒々モンスター東京へ行く』を観たことを映画好きの皆様に伝えるとボコボコにされましたが、僕には!何の!悔いも!ございません!!(『ショート・ターム』はすぐに鑑賞しますね)
azucoccoの感想・評価
関根勤はよく頑張った
ciatrをフォロー: