セイ・エニシング

セイ・エニシング

作品情報

原題 Say Anything
日本劇場公開日 1988年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
キャメロン・クロウによる80S青春クラシック。高校卒業した直後から付き合い始める優等生女子とボンクラ男子。でもティーンズ・ロマコメにしてはちょっと変わったテイストである。まず若きジョンキューが10代にしては妙に落ち着いてて、恋する男子に見えないの。高嶺の花にどうして拘るのか釈然としないし、普通にモテ力あるし、男友達よりリリ・テイラーとか女の親友と恋バナする。ヒロインのパパの秘密もシャレにならん。ラジカセ抱えたシーンが有名だけど、当時のジョンキューはティーン映画にあんまり向いてなさそうだった。けれども、大人へと踏み出す時の不安と怖れが本作のテーマ。すべてはその為の道具立てなのだった。正に飛び立つ瞬間の2人、安全ランプ。このラストこそ珠玉の名シーンだと思う。
tategotoの感想・評価
2004.9月9月以前に鑑賞
ciatrをフォロー: