セックスと嘘とビデオテープの感想・評価・ネタバレ

3.1
44
8

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Moto_Ishidukaの感想・評価
うーん、まさにカンヌの受賞にふさわしい奥深い一本。内容はタイトル通り、セックスと嘘とビデオテープからなる物語。精神科に通う妻、妻の妹と不倫する夫、外交的でセックスを愛する妹、インポで変わった性癖を持つ夫の旧友。登場人物はたったこの4人。単調でありながら、ディープな展開。エロスとは程遠いが決して下品でもサラサラでもない。
性とは?愛とは?セックスとは?を深く追求した引き込まれていく作品でした。
ちなみにかなりこの時代のファッション可愛かった(特に妹の服に注目していただきたい)
Masako_Yoshimiの感想・評価
ソダーバーグ天才。
Purazoの感想・評価
TVでやってたのでひさしぶりにみました。
ジェームズ・スペイダー若っっ!
ブラックリストでの丸っこい姿がちらちらよぎってしまった。
ソダーバーグ監督の低予算内省的ムービー。
yoheiの感想・評価
5、6年前に仕事もなく、暇で暇で映画を観まくっていた時に出会った作品ッス(^-^)/。最近、ふとまた見たくなってレンタルしました。

タイトル通りセックスを扱った作品ですがぜんぜんエロスを感じなくて、ミロのビーナスの丸出しのおっぱいを観ても性的興奮をえられないように、こいつが芸術かふむふむと納得するような映画でした。
tategotoの感想・評価
2004.9月以前に鑑賞
928uhenの感想・評価
2013/10/26
登場人物は4人のみ。まさにセックスと、塗り固められた嘘と、それを記録するビデオテープからなる作品でした。
卑猥な映画の類ではありません。カンヌのパルムドールに輝いたような、特殊な、言ってしまえば雰囲気な映画でもあります。しかし憑かれたように引き込まれた100分間でした。ビデオテープが回っているときのツーンとした音と空気感に注目です。

(ちょっと感想を述べづらい映画なんですよね。うーん、4人とも演技が良かった。また見返したくなるような作品。)
maryloveの感想・評価
上手くどこがどう良いとかは言えないけど、なんか好き。たった4人の登場人物、たった4つの場面で動くストーリーなのに、奥が深すぎる。もう1回観たい。本当みんな嘘で固められてましたな。
aimiの感想・評価
魅力がわからぬ(^-^;でも妹がどこか憎めないキャラでおきにいり。ラストはハッピーエンドで安心。
Claudia_UEの感想・評価

「オーシャンズ」シリーズで有名なスティーブン・ソダーバーグ監督が史上最年少でカンヌのパルムドールを受賞した作品。
内容は、まあカンヌで賞を獲るようなジトッとしたかんじです。オーシャンズみたいな派手さはない。
主要登場人物4人、みんな顔濃いので途中で誰か分からなくなることもなく良かった。
流し見してたらいつの間にか突き放されて、共感というより傍観してました。
ラストはあれでいいのか・・!とは思うけど、個人的には「男は結婚してからがモテ期。18歳から指輪でも買っとけばよかったぜ」とかのたまう奴に天罰がくだって良かったと思ってます。笑

ただし既婚者=モテはガチらしい・・気をつけましょう。