鉄男 TETSUO

鉄男 TETSUO

作品情報

日本劇場公開日 1989年7月1日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Shinya_Agoの感想・評価
記録用
mataro_minceの感想・評価
廃工場の片隅でナイフ一本自分の大腿骨を鉄へ換骨する金属フェチ。一方で古アパート女の電話で目覚めた眼鏡の男。奇妙な鉄のデキモノを頬に見つけてから身体が鉄に侵食される悪夢にうなされる「鉄男」塚口3。観劇後も鉄打つ音が聴こえる暴音フィルム上映が新世界へ誘う。人の血は新しい鉄の味がする。2015年10月8日 新しい怪獣映画といった趣が好き。以前デジタル上映で映画館で観たのとは2回目であることを差し引いても白黒であるが故か画面から伝わる情報が多い。「野火」の公開記念ということで来館した塚本監督自ら音量を決めて帰ったというのが楽しい。
Takumi_Hashimotoの感想・評価
周りの意見と同様、まず、出てくる言葉は、衝撃、カオス、素晴らしい。作品自体を説明する事はほぼ、不可能に近いと思います。何度観ても、やはり衝撃。なにか、謎の感覚に襲われる。監督の世界は全開、と言われればそうなんですけど、なにか、それだけではない不思議なパワーを感じる。
ciatrをフォロー: