ドラえもん のび太の日本誕生

ドラえもん のび太の日本誕生

作品情報

新着感想・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
懐古厨と呼ばれようと構わない、ただ純粋に僕にとってドラえもんの声は大山のぶ代が原点であり思い出の全て。

小さい頃に正気の沙汰ではないくらいに観まくっていた大長編ドラえもんシリーズ、ようやく観直す機会に恵まれた。迷った挙句に最初に観直す作品はこの日本誕生に決めた。記憶に強く刻まれている順番に観ようかな、時系列を追っていくかたちで観ようかな、とかとか悩んだけれどもフィーリングでチョイスしていくことにした。

もう可愛い。ドラえもんがあの声で喋るたびに「可愛い…」と呟き、ドラえもんが"あの音"で走るたびに「懐かしい…」とこぼす。浸っていたのは鑑賞なのか感傷なのか!

数ある映画版ドラえもんシリーズの中でもかなり知名度がある本作、日本誕生。日常パートと冒険パートのバランスも良く、ひみつ道具を使って素敵な非日常を築く醍醐味もしっかり楽しめる。更に大山のぶ代時代の映画ドラには欠かせない意外な怖さもちゃんと織り込まれているという大長編作品群の中でも優等生的な一本。

上げるところは上げ、下げるところは下げる。メリハリもしっかり効いていてダレること無く鑑賞できる。

個人的な思い出スポットは
形状記憶セラミック土偶【ツチダマ】
potunenの感想・評価
思い出の映画。たぶん初めて映画館で見たドラえもん。最初に河原でペットを孵化させる時の音楽が印象的。アニメの動きが映画っぽくなり、迫力増。主題歌CD買って貰った記憶。
toraの感想・評価
これが一番印象に残ってます。結構怖かったなあ。
ciatrをフォロー: