サルバドル/遥かなる日々

サルバドル/遥かなる日々

作品情報

原題 Sarvador
日本劇場公開日 1987年10月17日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
プラトーンで一躍脚光を浴びたオリバー・ストーン、プラトーンはうっすらですが(アメリカだって多大な犠牲を払ったんだ!)って甘え的な言い訳映画に感じたし7月4日に生まれてにも そう感じて アメリカ批判をしたいのだけど どこかでストップがかかり詰めの甘さが目立ちました(勿論両作品共優れた作品ではあります)、オリバー・ストーンの作品の中でも天と地と と本作はアメリカの他国への軍事介入批判が言い訳無しで描かれています。
hattinの感想・評価
2015.3.27
主役のオッサンの成長と悪友の適応力の高さを描いた傑作

いや、そんな単純な話じゃない

戦争には正義も悪も無くて
強者の倫理しか通らない
それを伝えるメディアがクソなら世間一般の人間はそれを信じるしかない

アメリカはいつの時代にも混乱を生み出している
現在の世界情勢と何ら変わりない事が分かるからね

ジャーナリストの方達には頭が上がりません
素晴らしい仕事だと思います
そして色々な矛盾を描いているこの映画も素晴らしい
ciatrをフォロー: