デッドゾーンの感想・評価・ネタバレ

3.4
22
3

The Dead Zone 1987年6月6日公開 カナダ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
事故に遭い5年間昏睡状態にあった男が目覚め未来を予知する能力を手に入れる。話が周りのことから国家レベルまでになる。
印象的な台詞「もしヒトラーが台頭する前のドイツに行けたなら、あなたはどうするか」
「命にかえてもヒトラーを殺す」
toraの感想・評価
クローネンバーグ監督作品。とにかく主人公の置かれた境遇が…特殊能力でイケイケになるのかと思いきや間逆のストーリーに心苦しくなりました。クリストファー・ウォーケンがめっちゃ可哀想で。名作と分かりつつも中盤以降少し飽きてしまいましたが…後世に多大な影響を与えた作品なのかなーなんて思いを馳せながら鑑賞した次第。ヒストリーオブバイオレンスやイースタンプロミスがツボな自分としては、この監督の作品、もっと観てみたいです。
igagurichanの感想・評価
クローネンバーグ監督、S・キング原作。
自動車事故で昏睡状態に陥った主人公。
5年ぶりに目が覚めたら超能力を身に付けていた…

主人公が事故に合う前に、恋人とジェットコースターに乗っていて、その途中でフラッシュバックみたいなものを見るのですが、これからの彼の運命を暗示しています。
ウォーケンの寂しそうな笑顔、哀愁漂う佇まいに心が持って行かれます。
バッドエンド…でもあり、ある意味ハッピーでもあるラストだと思います。
southpumpkinの感想・評価
クローネンバーグ監督、スティーブンキング原作のミステリ映画。交通事故で五年間昏睡状態にあった男が目覚めると超能力が授かっていた、という話。いくつかのお話があったのでクローネンバーグがドラマを撮ったような感じです。超能力を授かった不幸な男性、は日本のドラマでもやってそうな感じがします。クローネンバーグというよりもキング色が強かったかな、という印象。残酷描写も少なかった気がします。
クリストファー・ウォーケンが若いなあ。いい雰囲気出てます。
Yasuhiro_Wadaの感想・評価
ウォーケンが若い。笑
事故で超能力に目覚めるといった
現代ではありきたりな設定ですが、
超能力を生かすというより
超能力による苦悩と人間模様を描いた作品です。
エピソードが上映時間の割りに多いので
もう少し話を掘り下げても良かったかなとは思います。
たぶん私はヒトラーを殺しません。
Maiko_Omoriの感想・評価
さすがスティーブンキング
goliath6969の感想・評価
ひょんなことから5年という歳月と恋人を失い、その代償として超能力を手に入れた男のなんとも悲しい物語。

本当に良く出来ている映画だと思いました。