ベティ・ブルー 愛と激情の日々の感想・評価・ネタバレ

3.7
98
37

37-2 LE MATIN フランス

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

cana_pigの感想・評価
激情すぎて理解不能。
HMworldtravellerの感想・評価
” 彼女は透明な感性を持つ奇妙な花のようだった ”

私が見たのは完全版だけど公開版のタイトルは「ベティ・ブルー愛と激情の日々」。まさにこのタイトルどおりの物語。

ベティにとって生きることは多分愛することで、愛することは自分と相手の思考やすべてを同化させること。そしてそれはいつも本能に忠実だから、相手の気持ちが自分の思いと一致しない時、自分で自分が ままならなくなり激情的な行動に出てしまう。

それは狂おしくて、貪るように愛に浸っていて、見返りを求めない全身全霊の狂気の愛。遂にはその激しさに自ら傷ついていく破滅型の愛。倫理も道徳も法も世間の目も、そして多分 神でさえも、彼女の愛の形の前には何の意味も持たないのだろう。ベティみたいな人はリアルにいたらとても付き合えないのが本音。だけど、彼女は究極的に純粋なのかもしれない。社会的通念や周りのことが何も目に入らないほどの激しさは、本能的な好き嫌いだけで 善悪の概念はまだ全くない赤ちゃんがカラダだけ大人になり、男を愛したような感じだ。

そんなベティのすべてを受け入れるゾルグ。直情型で破滅型な彼女のことを十分過ぎるほど知っていてなお、彼女のすべてを受け止める。鮮烈で過激で自分と相手の命を削るようなベティの愛し方には感情移入できないと思いながらも観てしまうのは、もしかして、心のどこかに自分には絶対できないがゆえの軽いジェラシーがあるのかも。

ラストシーンからエンドロールが好き。白猫、写真、原稿にペンを走らせる彼。エンドロールのベティのブルーに染まった世界は陽が落ちて夜のとばりが下り始めた時間のよう。美しさと これから向かう闇が共存する世界。なんだろう、深いため息が出た。
2828hatterの感想・評価
まさに愛と激情。タイトル通りの映画だった。
mopicoの感想・評価
Yuzukappaの感想・評価
誕生日まで最高にすきだったのに、
後半が、昼ドラっぽくて好きでない。
好きでなかっただけ。
ほんとうに美しい画面だった。
人生に希望あたえる、映画の真髄ですなこりゃ、
Kentaro_Sekineの感想・評価
激しく求め合う恋愛は嫌いじゃないが終始ヒステリックすぎる
しかし、雰囲気や情景に少し憧れる部分もあるからよしとする
所々に印象に残るような色の使い方をしていた気がする
Masako_Yoshimiの感想・評価
完璧な恋愛映画
igagurichanの感想・評価
オサレな雑貨屋とかカフェによく張ってあったポスター。今はどうなのかな?ともかくそんなポップな雰囲気の映画だと思って観たらえらい目にあいます(検証、私)
ベティの愛が凄い。凄い。凄すぎる。ちょっとヤバい人だと分かっていても彼女から目が離せない。狂ってしまう程の愛って…99%の男性は逃げ出しそうな重い愛を受け入れたゾルグ。彼は幸せだったのだろうか…
Moto_Ishidukaの感想・評価
これ以上に狂った愛を表現することは不可能であろう。これほどまでに相手を想い、尊重し、そして自己を失う。いや、最初から自己なんてものは彼女にはなかったのだろう、彼女にとっての自己は彼といる自分だけでしかなかったのだから。
彼女が求めていたのはきっと自らの足で立って生きる己、それが母として愛する人の子を産んだ自分の姿だったのであろう。あの一件後のベティの崩れ具合が半端じゃなかった。そこが何よりも印象的。
冒頭のシーンはきっと誰が観ても美しいエロスと愛おしい2人と思うだろう。その後も幾度と出てくるセックスに心奪われて欲しい。そこでしか息つく間がないほど、苦しいシーンに何度も目を伏せたくなった。ただ、愛してただけなのだろうけど。
いつか、何十年後かにもう一度この作品を観たい。その時、私はきっと今と異なる感想を述べるだろう。この作品を観るにはまだ早すぎた。私というものの確立と成長はまだまた先なのだから。
filmstarの感想・評価
観たのは無修正版。まず三時間という長さを(それほど)感じさせない展開に舌を巻く。映画は暗黙の了解として二時間程度で終わるものなのだけれど、この映画は三時間掛けて本当に濃厚にベティとゾルグとの恋愛を描き切っているので、終わってしまうのが惜しくさえ感じられる作品だった。色使いが印象深い。コテージのペンキ塗りのシーンでの青とピンク、ベティ・ブルーが着こなす赤い衣装、ゾルグが買った黄色い車……どれも鮮明に眼に焼きつく。そのあたりに惹かれて観たことが一番大きかったのではないかと考える。ただ、ラスト・シーンは「どうなんだろう」という疑問を感じなくもない。あの終わり方は結局男の身勝手を肯定しているだけなんじゃないか、と考えてしまったからでもある。それとも、思い出と共に在ることに意義があるのか……いや、これ以上は慎もう。
1050Carnivalの感想・評価
評価なし
Keimiyazatoの感想・評価
この作品を観ると猟奇的な彼女なんて屁みたいに感じます、彼の小説家としての才能を信じて一途な彼女ですが段々と尋常じゃなくなります、そんな彼女を支えていたはずの彼も段々と、、、オシャレな作品のイメージで観るとエラい目に合いますので!だけどべネックスの名作です。
tmmyonの感想・評価
『え、なにこの映画、最高なんだけど』(私の感想)

常に生理前みたいな女、ベティとそのベティに翻弄される男ゾルグの話。
まあ確かにこんな女が実際にいたら面倒くさいことこの上ないんだけど、このベティのわがままっぷり、めちゃ憧れる〜!!!(非難覚悟)だって、あんなにいろんなヤバいことしても常にゾルグは自分を見捨てずに見方でいてくれるんだよ?すごくないですか?さらに最後はその愛ゆえに裏切る(?)んだよ?まじ貪欲!自分の欲に忠実。素晴らしい。
音楽が絶妙で味があっていい。
モザイクかけてないところもいい。
ベティのわき毛!20歳に見えない!
全員には薦められないけど、かなり気に入った。
Leo__Nakabayashiの感想・評価
takakazuの感想・評価
破滅的なラストが最高
前半の気怠さがいきてます。

人生ってのはうまくいかない。
笑い話にもならない。
tategotoの感想・評価
2004.9月以前に鑑賞
minyonboxの感想・評価
omskの感想・評価
あと十年くらいしたらもう一度観る
ciatr_knkabの感想・評価
わりと好きな映画です。
LAmetalerの感想・評価
これはちょっと…
すごく悪い言い方をしてしまうと、
メンヘラのビッチが好き勝手振る舞った挙句、
最後に自爆する話でした。
ラストはどうしても某映画とダブってしまうし。
3時間も掛けて観たのに残念な映画でした。
Ken_Changの感想・評価
ダルの唇がほんとステキ。
dtanbeの感想・評価
家庭環境、経済、様々な自己の外部や内部の問題の中で思うように生きられず悶々としている時、大抵の人は自ら行動して本質的解決を試みることができない。様々な状況があるので一概には言えないが、どうすれば本質的解決ができるのかわからないままジタバタと葛藤している人は多いと思う。

そういう人にとってベティの破壊力はカーンとくる。自己の確立に苦しみもがき生きる若いエネルギーはこれほどまでに凶暴で狂気に満ちていて痛々しいのかと思い知らされる。冒頭からいきなりベッドシーンだが、そういったシーンは冒頭だけでなく何度も登場する。敵意剥き出しの表情や態度、ストレートな感情と性欲の生々しさは、生物としての強さを感じる!

ベティにとって必要だったものは、ベティと彼を繋がりを示す独立した何かだったのだろう。それは彼の本であり、子供だったのかも。
あとベティが水原希子に似ていてとても物語に入りやすかったw
MIZUKI910の感想・評価
TSUTAYAが旧作100円だったので何年かぶりにレンタルしてみた。
こんな女うざい!!うざすぎる!!と思うけど、自分も高校生ぐらいの頃って似たような感じだったかも…と懐かしく感じるなぁ
utakatafishの感想・評価
両親がいない日の真夜中三時くらいから観始めた、ベティのすることなすことに翻弄され精神がすり減り、見終わった頃には朝日が昇ってくっっったくたに疲れた
mamichiruの感想・評価
すごく愛しい映画。
marima_rinの感想・評価
約3時間のほぼノーカット版DVD鑑賞。近々劇場再映されるし評価も高いようだけど、私には受け入れられなかった。もっと若い時に観た方が良かったのかな?映像は美しい☆
sophieleeの感想・評価
劇場公開は25年ぶりですと!?
つまり私はこの映画を25年ぶりに観たってことですね?

若かった頃と今では、やはり視点や観方が変わったな。
もちろんどちらも肯定的ではあるけれど
年をとることでわかるようになったことや気持ちが私を解放した。

記憶違いだったこともあったけれど
ジャン・ユーグ・アングラードがステキなのは変わらない。
筋肉フェチな私が合格点出したあのナイスバディ♡♡♡
かみさま、私にジャン・ユーグ・アングラードをください。
meeemiの感想・評価
こういう愛の形もあるのだろうか。
「愛」とはなんなのか。
セックスが愛の証なのか。
愛と狂気は紙一重なのかもしれない。
人を好きにのるということは、脳の一部がイカレてしまうことだという。
ということは、恋をして人を愛することによって人はイカレてしまうということだ。
「愛」の極地を表したような作品となっていると思う。
約三時間という長丁場だが、観る価値はあったと思っている。
yryotayの感想・評価
ピアノのシーンがよかったです‼

ジャンユーグアングラードお洒落。
feb6_aiの感想・評価
狂おしい愛。人を愛することがこんなに痛く感じるとは始めて知った映画。