ミリィ/年は空を飛んだ

ミリィ/年は空を飛んだ

作品情報

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
ニック・キャッスル1986年作品、両親を飛行機事故で亡くして以来自閉的になっている少年が住む家の隣に越して来た14才のミリィ、良くある思春期映画の枠を遥かに飛び越えてファンタジーの傑作になっています、今の年齢で観ても当時と同じように感動出来るか再見が怖いですが。タイトルが年は、、になってますが ミリィ/少年は空を飛んだ が正解です名作ですのでジャケも載せて欲しいな!
ciatrをフォロー: