ミツバチのささやき

ミツバチのささやき

作品情報

原題 EL ESPIRITU DE LA COLMENA / SPIRIT OF THE BEEHIVE
製作年 1973年
日本劇場公開日 1985年2月9日
製作国 スペイン
上映時間 99分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
荒廃した村で映画『フランケンシュタイン』が上映され老若男女が集う。鑑賞後影響を受けた幼い姉妹の物語。
寡作で有名なビクトル・エリセ監督作品。抑えめの色調と淡々とし、どこか危うげな雰囲気映画のようです。ストーリーラインとも相まってお洒落版ちびまる子ちゃんのようにも感じられます。全編子ども目線なので一見簡単そうに見えますが、実はそうではないそうで。独裁政権への痛烈な批判が織り交ぜられているらしいのです。確かにストーリーとは直接的に関係ないような演出もチラホラ。あの毒キノコを踏み潰すシーンもメタファーだそうです。ある程度歴史的背景を知っていればもう少し違った見方ができたかもしれません。ただ、全くわからなくても単調な童話のようなお話と映像とでそこそこ満足感は得られます。
DocomoStingの感想・評価

とても静かな作品

ニューシネマパラダイスを思い出す

会話が少なく、映像と音楽を楽しむ映画かな?

アナがとてもかわいい
matzsaraの感想・評価
とても静かな作品。家族の複雑さ、戦争が小さな町にも影を落としている傷みが描かれていると思う。ウィキペディアの解説を読むと、その国、その時代のメタファーが散りばめられているらしい。勉強してから見たかった。ただ、そういう知識がいる面だけでなくて、迫ってくるものがある。家族の描かれ方が心に刺さる。少女の無垢な瞳の力がすごかった。
ciatrをフォロー: