カメレオンマン

カメレオンマン

作品情報

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
いくつかモキュメンタリー作品(ドキュメンタリー調)を観てきましたが暫定一位です。実際の映像とわざと古くした映像の中にそれぞれ監督であるウディ・アレン自身が主役:カメレオンマンとして登場し、現在の人が過去を思い出すインタビューシーンと交互させることで、歴史番組のような面構えをしています。周りの人間に順応する特殊能力を持ったカメレオンマンが、あたかも本当にいたかのように錯覚します。明らかにフィクションの世界の現象を野暮ったい歴史番組風にすることで非常にシュールな笑いがありますね。ゲラゲラ笑うコメディではないですがめちゃくちゃ面白い。ヒトラーだけは大笑いしました。
アイデンティティの喪失という現代社会の闇とも言える題材も扱っている点も秀逸だと言えます。
poo_doo_の感想・評価
中学生の頃に観て衝撃を受けて、ウディアレンに興味を持つきっかけになった作品です。今でも監督の作品で一度好きかも。
アイデンティティが確立がされる前の、まだ何者でもない、自分に自信がない年頃の子に見て貰って何か感じ取って欲しいなぁ。
最後の最後に流れるモノローグ(白鯨の小説のくだり)にはニヤッとなったし幸せな気持ちになりました。ハッピーエンド!
polo1026の感想・評価
ウディ・アレンのコメディ映画のはずなんだけれど、
いつもより風刺がききすぎてる印象。
周囲に同化する風潮が強い日本人の私としてはチクチク刺さるものがあって素直に楽しめなかったかなあ・・・
ciatrをフォロー: