すかんぴんウォーク

すかんぴんウォーク

作品情報

新着感想・ネタバレ

bonkuraman69の感想・評価
吉川晃司のデビュー映画です。
デビュー前夜的な話です。スターを夢見る若者の葛藤と苛立ち、焦りが伝わってきて学生の頃を思い出し胸が熱くなります。
そして民川祐司(吉川晃司)が自分の本当に求める音を探しホテルに缶詰になり、ふらふらで部屋から出てくるシーンは「2001年宇宙の旅」で同じ様な箇所があるのですが、同じ意味と考えて良いですよね。
企画が渡辺晋(ナベプロの創業者)なのでゲストが凄く豪華で安定感バッチリです。脚本も丸山昇一と新人デビュー映画としては破格の待遇です。
民川祐司三部作の「テイク・イット・イージー」だけ残念ながら未見なのです…仕方ないから「ふや町映画タウン」でレンタルしようかしら、まだやってるかわかりませんが…
ciatrをフォロー: