黄色い星の子供たち

黄色い星の子供たち

作品情報

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
ナチスドイツの占領下にあったフランス。
ドイツの命令でユダヤ人の一斉検挙が行われた。約一万五千人のユダヤ人が"絶滅収容所"に送られたヴェルディヴ事件が基に作られた映画。
この内四千人は子供だったそうで、後に生還した100人の中には1人も子供がいなかったそうです。
映画の中のノノのような子供は幻だったということがより一層戦争の悲惨さを物語っています。
映画の中での台詞で約1万人のユダヤ人が勇敢なパリ市民により検挙を逃れたそうです。どんな理由があってもどれだけ難しくても1万人のユダヤ人を救ったパリ市民のように、無断で水を分け与えて手紙を届けた消防士たちのように、メラニー・ロランが演じた看護婦のように自分の良心に従うことが2度とこのようなことを起こさせない事だと改めて感じました。


それにしても、メラニーはやっぱり好きです。
igagurichanの感想・評価
「サラの鍵」と同じテーマのヴェル・ディヴ事件を扱った作品。
実際に起こった恐るべき事件を正面から真っ直ぐに描いています。彼らを匿った人が沢山いたと言うことも。
ユダヤ人医師(ジャン・レノ)看護士(メラニー・ロラン)あと子供達。彼らの目線で話は進みます。
人が人としての扱いを受けられない悲惨さ。子供の瞳は純粋で真っ直ぐだったのに、その瞳に何が映ったのか…。ドビュッシーの「月の光」の優しいメロディーが印象的です。
63_htmの感想・評価
大好きなメラニー様が出てる映画、
おまけに辛くても必ず見てしまう
ナチス政権、戦争映画ということで
飛び付いて見た映画。
とにかく、子供たちが不憫すぎる。
最後、少しだけ報われてよかった。
縞模様みたいな後味のわるさはないです。
ciatrをフォロー: