ゴーストライター

ゴーストライター

作品情報

原題 The Ghost Writer
日本劇場公開日 2011年8月27日
製作国 フランス イギリス ドイツ

新着感想・ネタバレ

fmofmojimoの感想・評価
イギリス元首相のアダム・ラングの自伝の代筆を頼まれたゴーストライターが、ラングの過去を調べているうちに、大きな陰謀に気づく。

展開がきれい。ずっとグレースケールのどんよりとした雰囲気が、意識を途切れさせず、緊張と不安にさせる。

ユアン・マクレガー。
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
静かながらも上質な社会派サスペンス。英国元首相の自叙伝を任されるユアンマクレガー演じるゴーストライターの物語。
映画全体に漂うどんよりとした不気味な雰囲気で、どいつもこいつも怪しく見えました。ラストに明かされる驚愕の真相や意外な結末にやられました。映画の始まり方と終わり方は最高です、、サスペンス映画はこうあるべきですね。観終わった後で初めて、タイトルの「ゴーストライター」の真の意味を理解できるので、繰り返し観たくなる作品。

asitaneの感想・評価
タイトルから想像してたのと違った
ciatrをフォロー: