あしたのパスタはアルデンテ

あしたのパスタはアルデンテ

作品情報

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
代々続くパスタ屋を兄のアントニオが継ぐ事になり就任祝いを家族で行うためトンマーゾはローマから帰省する。
そこで兄のアントニオに、自身がゲイだということと、それを家族にカミングアウトすると伝える。父親から勘当される事によってパスタ屋の仕事にも関わらなくてよくなると。
トンマーゾは、家族での食事中についにカミングアウトしようとするのだが、、、

『カプチーノはお熱いうちに』のフェルザン・オズペテク監督作品。
カプチーノ〜 と同じ様に普段なら笑えないシチュエーションを笑いに変えてしまう素晴らしい監督。
今回は、頭が硬い父親にカミングアウトするというハラハラドキドキなシチュエーションでありながら思わぬ方向に進みめちゃくちゃ笑えますw
nunnunununuの感想・評価
イタリア歩きたくなった
曲が良い
32ksa1coの感想・評価
タイトルと本編のギャップにびっくり。
原題をみて、なるほどと思いました。
ひとつのことで家族が崩壊し、ひとつのことで家族が収束していく様子は良かった。
一回みただけじゃちょっと置いてきぼりになりやすい映画かなと思った。
トンマーゾの祖母がとても頼もしくかっこいい、言葉が深い。
性の問題、会社経営の問題、家族の問題、いろいろあってディープなイタリアンコメディだった。
ciatrをフォロー: