エル・スール

エル・スール

作品情報

原題 EL SUR
日本劇場公開日 1985年10月12日
製作国 スペイン、フランス

新着感想・ネタバレ

loomisの感想・評価
親子のコミュニケーションってとてもグレー。

親であっても1人の人間であって、子供からは不可視な部分ってある。男と女、愛、エル・スール(南)。

でも逆に親も子のことを理解していない。親が思う以上に意外と子供は親の感情を感じとってる。ラストの父娘がランチをとりながら話をするシーン、娘が意外と自分のことを知っていたと父が知るところがいい。

父親の気をひくために隠れるけど、沈黙で返される子供の頃の気持ち。誰にでも覚えがあるような、ノスタルジーがある。

「結婚」の要素が印象的。

陰影のあるシーンが心象風景となっていたり、綺麗な映像。
mayakiの感想・評価
割と物騒な感じを予感させる始まりではあるものの子ども目線なため、のほほんとした感じかなぁと思っていたら重たい内容でした。映像がキレイで繊細。
Keimiyazatoの感想・評価
自分の娘は3才と4ヶ月、そろそろ大人になっても忘れない記憶が根付く年頃、思いやりのある優しい人になってくれたら子育て成功でいいと思います、だけど子供にとっては親は親でしかなく悩みも抱えている一個人と見なせるのは親離れした後、この作品を娘へのメッセージとしてこっそり遺品に残してみようかな(^^)
ciatrをフォロー: