ダーティハリー

ダーティハリー

作品情報

原題 DIRTY HARRY
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
場合によっては法を破ることをも辞さない刑事ハリー・キャラハンがサイコな殺人ゲームを繰り広げる男を追うお話。想像していたよりもテンポよくいろいろな事件が起きるエンターテイメント性の高い映画でしたが、本作が後のアクション映画に大きな影響を与えたとのこともあり既視感に溢れるのも名作の性、ということなのでしょう。しかし本作が今なお名作として語られるのは若きクリント・イーストウッドの見事な存在感にあります。イーストウッドがもう最高にカッコよい。眉間にシワを寄せたら右に出るものはいないのではないでしょうか。当然名ゼリフが飛び出すシーンもかっこいいのですが、一番好きなのがハイジャックしたバスの中から犯人視点の橋の上に立つイーストウッドです。ひょろっとした高身長のサングラスの男が獲物を狙うその姿。ああ、イーストウッドさま。
サイコな殺人鬼もすごくいい演技をします。その演技も相まってか鬼畜描写が際立つのが本作の特徴でもあるかと。その理不尽さに眉をひそめるイーストウッドがこれまたかっこいいんじゃ。
monoral_stereoの感想・評価
今観ても面白いかっていうとウーン。同じ構図の長回し連発もハマらず、RPGのステージ移動かよと。ただ音楽はカッコいいんだよな。
arsktmの感想・評価
犯罪者への執念と非情なやり方でダーティハリーと呼ばれる刑事の話。若きクリントイーストウッド、今とは違うかっこよさと渋さがすごくよかった。しかめっ面が多かったけど、銀行強盗犯とのやり取りの最後で一度だけ笑顔を見せた時のシーンが一番お気に入り。
ciatrをフォロー: