七人の侍

七人の侍

作品情報

製作年 1954年
日本劇場公開日 1954年4月26日
製作国 日本
上映時間 207分
ジャンル ドラマ・恋愛>カルチャー>任侠・時代劇

あらすじ

戦国時代、野武士達の襲撃に恐れおののく村があった。村人達はその対策として、用心棒として侍を雇う事にする。侍さがしは難航するが、才徳にすぐれた勘兵衛を始めとする個性豊かな七人の侍が決まった。最初は侍を恐れる村人達だったが、いつしか一致団結して戦いに挑むことに。しかし戦闘は熾烈を極めた・・・・・・。破格の製作費と年月をかけて作られた日本映画史上空前の超大作であり、世界に誇る日本映画の最高傑作。マルチ・カメラ方式の導入等による斬新で臨場感溢れる映像。加えて徹底した時代考証や緻密な脚本により、実際にあったかのような錯覚に陥らせる。迫力ある本作品は、年月を経た今も人々に感動を与え続けている。

新着感想・ネタバレ

Kyohei_Fukubaの感想・評価
最初おもしろかったけど段々飽きてきて流し見してしまった
現代人が見たら台詞聞き取りずらくて微妙かもしれない
でも間違いなく後の作品に影響与えたんだろうなってシーンがたくさんあってすごいなって思った
後の映画に影響与えた映画はたくさんあってそれを後から見ても関心するくらいしかできない問題はあると思った
逆輸入の既視感というか、新しい映画だって頑張ってるよ!って思っちゃう

てかなにより三船敏郎かっこよすぎわろた
Samurai1632の感想・評価
2016.10.25 立川シネマシティ
Junichi__Nakamuraの感想・評価
20161023
TOHO 上大岡
ciatrをフォロー: