甘い生活

甘い生活

作品情報

原題 La Dolce Vita
製作年 1960年
日本劇場公開日 1960年9月20日
製作国 イタリア・フランス
上映時間 174分
ジャンル ドラマ・恋愛>青春

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ローマでイケメン記者が自分を失っていく話。フェデリコ・フェリーニの最高傑作とも言われる映画。難解、というわけではないのですが意味がわからない。もしかしたら意味が無いことが答えなのかもしれません。
退廃的で堕落した、どこか近未来都市を再構築したかのような雰囲気を帯びたローマは少し現実味を帯びていません。しかし例えば東京を舞台に置き換えても充分に物語の意図は通じ我々にとっても身近なものに感じるのではないでしょうか。渋谷のセンター街でふらふらとする若者にこの映画を見せると妙に感動するに違いありません。オープニングのあれとエンディングのあれが何を意味するのかは全くわかりませんが、多分なにかその都市の象徴、いうなれば東京タワーなのでしょう。
Yusuke_Yamamotoの感想・評価
かっこいいカット多い。
音楽よい。
退廃的、ニヒリズム。
フェリーニによくあるパレード的な賑やかさが虚しさ強める。
父やインテリな親友のエピソードが人生の軽薄さ、なやりきれなさ、快楽の刹那的な性質を想起させる。
2015/03/08 早稲田松竹
KK_mfpの感想・評価
3時間。美しかった。
思い出の映画。
ciatrをフォロー: