恋の罪

恋の罪

作品情報

日本劇場公開日 2011年11月12日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Yuusuke_Yamanakaの感想・評価
圧倒的な神楽坂恵の演技力。
冷たい熱帯魚の女版。心理面ではちょっとついていけないところも多かったけど概ね満足。
鑑賞後は是非水曜日のカンパネラのミツコを聞いて欲しい。
m_saitoの感想・評価
園子温好きなんだけどこれはよーわからんかったかな……
Yuzukappaの感想・評価
まずこの話は寓話だ。
はじめに言葉があった
は聖書の最初の文句。園監督の映画はいつもキリスト教へのアンチテーゼがテーマだ。
言葉なんて覚えるんじゃなかった。
言葉は体だ。
などキーワードがめちゃくちゃ、心にのこった。言葉とは体をともなうものであり、しんきくさい表面上の言葉、愛至上主義へへの監督の恫喝が、聞こえてきそうだ。
そして、とことん性へ溺れていく様が悲劇的であり、通過儀礼的であり、
しかし行き着く先は監督自体、
わからん、ってことなんだろう。
芝居に関して園映画の中でもトップクラスによかった。特に冨樫真さん。
ただ、物語がすすむきっかけになることがちょっとずつよくわからない、
なんでミツコはイズミに近づく意味があったのか、なんで殺してほしかったのか、
父のいる城にいく、っていうんだけど、
なんか肝心なとこがしっくりこない。
とくに、今回、過激なシーンが物語の趣旨と関係性を見出しにくいところもあって、派手なことして目を引くーまたいなズルさを感じてしまった。なんかシーケンスごとはすごいのに、全体のロジックがわかるようでわかんない、みたいな感じがした。
あ、言葉にしすぎだ。反省。
ciatrをフォロー: