バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男

バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男

作品情報

原題 HOLY ROLLERS
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

tophelosの感想・評価
2012/03/14 CATV
独特なユダヤ人社会が描かれているのは非常に興味深いが、正直、主役がジェシー・アイゼンバーグじゃなければちょっと厳しいかもしれない。麻薬密輸も個人事業レベルなので、全体的にスケール感が小さくあっさりした印象。尺も短いし、もう少し家族や友人との関係を見せてもよかったんじゃないかと思う。でもラストシーンは嫌いじゃない。余計なサブタイトルまで付いた邦題は明らかにミスリードで、いっそのこと原題の「HOLY ROLLERS」のままの方がまだすんなり楽しめたかも。
iiymdiskの感想・評価
アイゼンバーグが売れる前の映画。
ジューリッシュの真面目な青年がメディシン輸入と思ってたら、ドラッグ密入で高額なバイト代に惹かれてみるみる染まっていく、そんな
実話を元にしたお話。
s_p_n_minacoの感想・評価
ジェシー・アイゼンバーグくん、意外と最近の出演作だった。内容はタイトルまんま(但しトリップといってもラリってはいない)。実話らしい。
NYのユダヤ系コミュニティというのが何よりも見所で、全編ユダヤ人ばかりしか出てこないってのも珍しい。ジェシー君はもみあげ巻き毛な姿もお似合いでした。
ciatrをフォロー: