ドラゴン・タトゥーの女

ドラゴン・タトゥーの女

作品情報

原題 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
製作年 2011年
日本劇場公開日 2012年2月10日
製作国 アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ
上映時間 158分
ジャンル スリラー>サスペンス

新着感想・ネタバレ

sasano-syoheiの感想・評価
レイプシーンとかあってあまり好みじゃない。全体的にはエグい感じの映画。バッドエンド。
mmleonの感想・評価
大好きな作品。
これを観て、ルーニー・マーラがお気に入りの女優さんに。
これもまたデヴィッド・フィンチャー独特の世界観で描くミステリー。
ゆっくりしてるようで、わりとストーリー展開が早く、退屈しないのもこの作品の好きな所の一つ。
fmofmojimoの感想・評価
雑誌ミレニアムの記者のミカエルは、ある実業家の武器の密売をスクープするが、名誉毀損で起訴され、証拠不十分で負けてしまう。しばらく会社を離れることにしたみかえるのもとに、ある調査の依頼がはいる。それは、一族経営の大企業の衰退のきっかけとなった、40年前の少女失踪事件のなぞを解いてほしいというものだった。
いろいろぐろくて、生々しくて。人の欲がむき出し。けど、撮し方がしんどくない。最初にぎょっとさせられるけど、リスベットの魅力にどんどんはまっていく。
リスベットの新しい後見人はくず過ぎたけど、住んでたアパートの階段が、きれいすぎて気になる。
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ。
ciatrをフォロー: