太陽はひとりぼっち

太陽はひとりぼっち

作品情報

原題 イタリア
製作国 1964

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
この作品はカフカやサルトルを難なく楽しめる人にしか理解出来ないと思います、アラン ドロン人気に便乗したタイトルと 愛の不毛三部作と言うのは誤訳と言うか悪訳で実存主義三部作で良いかと、自分もさほど深くは理解出来ないけど画作りや音楽の使い方に感心しました。
Yukinaga_Furuiの感想・評価

モノクロでもアラン・ドロンのカッコ良さが伝わってきます!
話の終わり方があまり好きじゃないけど、現実味があるラストでした!
ciatrをフォロー: