サルトルとボーヴォワール 哲学と愛

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛

作品情報

原題 Les Amants du Flore
日本劇場公開日 2011年11月26日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
パリ左岸を代表するカップルの関係を、若き日の出会いから紐解く。ヴォーヴォワール目線で描かれるサルトルは相当なロクデナシ。そんな男に振り回されるヴォーヴォワールも含め、元祖文化系の痛さがひしひしと。とはいえ、流れる当時のジャズと、ターバンヘアで30~40年代ファッションをエレガントに着こなすアナ・ムグラリスはすてき。特に50年代アメリカに舞台が移ると、当時のフィルムとの合成がそれらしくてたまらない。
sekhisakoの感想・評価
まあまあ。サルトルはそっくりです。
hide_59の感想・評価
2013年5本目。
ciatrをフォロー: