セルビアン・フィルム

セルビアン・フィルム

作品情報

原題 A SERBIAN FILM、 SRPSKI FILM
日本劇場公開日 2012年1月21日
製作国 セルビア

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
しばらくブランクのあったポルノ男優が愛する家族のためにやばい仕事に手をつけてしまいます。噂に違わず厳しいエログロ映画でした。スプラッターというよりも激しく倫理観を傷つけるような映画です。
前半はむしろ性に関して少し茶化すような映画です。息子が自分の出ているポルノを観たり、警察官の兄が自分の美人妻に欲情したり。男優が出演する映画もやや拍子抜けなのですね。出演を続けるか、続けないか、などという葛藤なんかを結構だらだらやります。
途中男が薬を打たれて目を覚ますのが映画が1時間過ぎたところから映画が完全にやばくなります。自宅で目を覚ました男が記憶を呼び覚ましつつラリっている最中に起こったことを思い出していくんです。言ってみれば残酷すぎる『ハング・オーバー』状態ですね。セピア調の映像を回想シーンにする丁寧な編集に加え、前半部での伏線も憎いほど丁寧に回収していくのです。嫌な映画です。映画的な完成度が及第点を超えるので、星3をつけざるを得ない最悪な映画です。オチも胸糞が悪くなります。
karashimaの感想・評価
非道徳、非人道的、モラル完全欠如。ラストもサイコーで個人的にはお気に入りの映画です。
kuniyosanの感想・評価
鬼畜。楽しめた。
ciatrをフォロー: