TIME/タイム

TIME/タイム

作品情報

原題 IN TIME
日本劇場公開日 2012年2月17日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

HMworldtravellerの感想・評価
そのものずばりの「Time is money」を物語にしたらこうなる?な映画。設定は文句無くおもしろく個人的にも大好物ジャンル。富裕層は時間(寿命)にあり余るほどの余裕があるから焦らず、貧困層は文字通り常に時間(生命の危機)に追われる。お金を時間に置き換えたことで資本主義の格差社会が 人の行動パターンやリズムにダイレクトに投影されていて 奇抜なようでいて端的に現実社会を風刺している。実際、一文無しでは衣食住いずれも成り立たないわけだし、善し悪しは別にして お金さえあれば受けられる高額な手術や最先端医療の存在もあるし、資本社会が抱える問題をエンタメ要素たっぷりのSF仕立てにしたアイデアは良かった。

序盤は期待を裏切ることなく進んだ。異様だが独特な魅力のある世界観にハマってゆく。そもそもなぜこんな世界になったのか、なぜ時間が命そのものなのかは この際ツッコミっこ無しってことで(笑)楽しんだ。が、途中からは主人公の行動にポリシーをまるで感じることができずに どうもノリ切れない。それと歩調を合わせるかのように世界観の粗も目につき 気になってしまった。

ある男と会話し100年以上の生命を手にした途端に急に正義感に目覚める主人公。そして、覚醒した後に取った行動が富裕層から奪って貧困層に配ることというSF版 ねずみ小僧的な展開*・'(*゚▽゚*)'・*。更には 盗みに成功したのに奪った時間には手を付けずに貧困層にばら撒い...
Shinya_Agoの感想・評価
記録用
Pit7775Pitの感想・評価
企画そのものはとてもいいと思う。
金が一切なく時間(寿命)で取引される。
裕福、貧困に分かれ裕福育ちのお嬢様が貧困の生活をする。
「1日あれば色々出来る」
人生一度きり。1日24時間。
これは今の人間に平等に与えられている。
いつやるの?今でしょ!もこれに当てはまる。
ただもったいないと思った。
企画はいいのに活かしきれていないと感じた。ストーリー、脚本がちょっと残念かな。
いつかリメイク出来ると思う。
ciatrをフォロー: