戦国自衛隊

戦国自衛隊

作品情報

日本劇場公開日 1979年12月15日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Hironari_Yoshimatsuの感想・評価
サニーが光ってる
mataro_minceの感想・評価
タイトル通りのお話し。時代は武田信玄や上杉景虎の時代。SFならではの楽しい荒唐無稽にアクションをメインにした映画に仕上がってる。湯水のごとくお金を使ってるのではないかという映画のために作った掃海艇、戦車、ジープ。当時若手ベテラン関係なくあっという間に殺されるのもすごい。薬師丸ひろ子の死にっぷりは大名演だ。鈴木ヒロミツや竜雷太の死にっぷりもバイプレイヤーの面目躍如。とにかくこの映画は死にっぷりを観るのが吉。ジョー山中の挿入歌「もうなくすものはない」のカッコよさ。話しが進むにつれて千葉真一のセリフ回しや演技が服部半蔵っぽくなるところも見逃せない。SFなのにこの時代のどんな映画よりも時代を感じさせる。自衛隊員なのに茶髪長髪かまやつひろしや他のメンツは地獄の黙示録を意識したのだろうか。子供心は岡田奈々のシーンで涙してたが今は全く違って観られる。BSTBS。
TORABISU777の感想・評価
陸上自衛隊の大演習中、伊庭義明率いる一個の小隊が戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで一人の武将と意気投合し、共に天下を目指していくストーリー。
馬や火矢、日本刀などを駆使して攻めてくる相手に対して戦車やヘリコプター、ライフルに機関銃など近代兵器で立ち向かう姿を見て、それで勝っても本当の天下ではないのではないか、そう思っていたがどうやらその考えはお門違いのようだった。戦いが始まった瞬間からその先には勝か負しか存在しないのだ。どんな相手であろうと勝たなければならない。目の前に"敵"がいる限り。
そんな時代を生きた人たちが今の生温い僕たちを見たらどう思うのだろうか。なんか急に恥ずかしくなってきました…


時代は違えど人間ひとりひとりの中にあるマインドは共通している。時代を超えても"類は友を呼ぶ"のだ。
ciatrをフォロー: