クレイマー、クレイマー

クレイマー、クレイマー

作品情報

原題 Kramer vs. Kramer
製作年 1979年
日本劇場公開日 1980年4月5日
製作国 アメリカ
上映時間 105分

新着感想・ネタバレ

Yuka_Onoの感想・評価
『クレイマー、クレイマー』鑑賞。親権をどちらが持つかという話。最初は何も出来ない父親が段々と家事、子育てができるようになるプロセスが素敵。ただ、どちらの方が子供にとって良いのかということを考えると悩ましい。小さくて何が幸せなのか、どうしたいのか自分の意志で選べない、もしくは選ばせてもらえない期間にこうゆう人生を変える選択肢が出てくるのは本当につらい。
Karin_Yokoyamaの感想・評価
ジョアンナが家を出たときに、ビリーは悲しいって思って、テッドは辛いって思った気がした。
子供が涙を流すときは悲しい感情で泣くことが多いけど、大人はつらいって感情で泣くことが多くなるのかな。。
息子と初めてちゃんと向かい合ったときにフレンチトーストすら作れなかったテッドが、色んなものを犠牲にして父親として成長する姿がすごくリアル。
メリルストリープの若いころを初めて見た!!
yaemuguraの感想・評価
テッドのバランスの良さに父親通り越して人として尊敬する。
見習おう。
ciatrをフォロー: