ダイヤルMを廻せ!

ダイヤルMを廻せ!

作品情報

原題 Dial M for Murder
日本劇場公開日 1954年5月29日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Daiki_Kinoshitaの感想・評価
流石ヒッチコック。

予想外の展開を生み出すうまさはミスリードのうまさなんだな。
ヒッチコックにかかれば あの狭い空間が、小道具が、サスペンスになる。
ヒッチコックはミスリードの天才です。

ほぼ全て、あの部屋のシーンだけだったがそれを感じさせなかった。
ririri511の感想・評価
事前に犯行のトリックネタばらししてから始まるサスペンス。
グレース・ケリーが溜息出るほど美しくてキラキラしてる。
zun96の感想・評価
1954年公開アメリカ
アルフレッド・ヒッチコック監督作品
ciatrをフォロー: