密告・者

密告・者

作品情報

新着感想・ネタバレ

HMworldtravellerの感想・評価
行き場の無い感情。引きずっていくより他にないしがらみ。深い後悔。それらを隅々まで練り込んだような痛々しさと息苦しさが全編を覆う香港ノワール。

犯罪組織にスパイを潜入させる話は山ほどあり、大抵は 緊迫感を強いられる綱渡りの日々や、ミッションと目の前の情けとの狭間で揺れる葛藤を描き、それが醍醐味となっていることが多い。本作も文字通り神経を擦り減らすような展開は潜入ものの王道路線。が、送り込むのは刑事ではなく元受刑者。借金返済などお金が必要なことにつけ込み 報酬金で釣って契約を交わし、警察の犬となる。

送り込まれた密告者の過酷さは言うまでもない。が、送り込んだ刑事の方も過去のトラウマや良心の呵責から深い罪悪感に苛まれ、それがやがて自分の私生活へも取り返しのつかない影を落としていく。苦悩と修羅場と因縁のスパイラルにこちらの心までがヒリヒリした。

アジアの中でも異彩を放つ香港の混沌とした無国籍な雰囲気。雑多なものに溢れた通り。むせ返るような雑踏。カオスなこの街の空気と暗めの映像が、誰1人として救われない展開に追い打ちをかける。

「救われた」わけではないけれど、最後に刑事が取った行動は唯一、光明を感じるものだった。あの行動は密告者のためであったかもしれないが、そうしなければ自分自身が人の道を外れると感じていたのではないだろうか。

bonkuraman69の感想・評価
素晴らしき香港ノワール作品でした。
涙涙でした。バイオレンスも最高です。
ジョニートーのノワールとは違って味わい深い作品でした。
ciatrをフォロー: