はなればなれに (1964)

はなればなれに (1964)

作品情報

原題 Bande a part
日本劇場公開日 2001年2月3日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

Katsuhiko__Miyataの感想・評価
ゴダールは愛でなく、自由を選ぶ。

ゴダール苦手な方にオススメ

パルプフィクション、ドリーマーズ、シンプルメンと数々の名作に影響を与えた作品。(個人的にはドリーマーズ>シンプルメン>パルプフィクション)まぁどれもはなればなれにを超えることはできない 笑

ダンスシーン、ルーブル美術館を駆け抜けるシーン、話すことがないから一分間沈黙するシーン。やりたい放題な映画。まさに新しい波!!

ミシェル・ルグランの音楽、ゴダールのミューズ アンナ・カリーナの魅力全開。

古典的=現代的。
「すべて現代的なものは、無意識のうちに古典的なものに依存している」オマージュを愛するヌーヴェルヴァーグ全体の主張に思えた。


Satoko_Suzukiの感想・評価
オシャレすぎる。ラストがいかにもゴダール。部屋にポスター貼ってあります。
ciatrをフォロー: