雁の寺

雁の寺

作品情報

日本劇場公開日 1962年1月21日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
若尾文子と足袋がエロいサスペンス。エロ坊主の原型かもしれない。俳優カメラ監督etc関わった皆の個性が主張しながらも並列に直立している。祇園囃子を先観たが良い。まるで二部作のようどすえ。「雁の寺」ツカにて。”八人の花嫁”を早よ観たい。2013年10月21日
Keimiyazatoの感想・評価
川島雄三はだらしない人を描くのが好き、品行方正な人は逆に滑稽に描いたりする、この作品のだらしない人はお寺の住職 水上勉原作で 仏教界からかなりの非難を受けたので 映画化、上映もかなり揉めた模様 好色住職にしたたかな女性の図式 したたかでもやっぱり一般常識からするとだらしない女性、その息子のフクシュウ劇です。
ciatrをフォロー: