魔人ドラキュラ

魔人ドラキュラ

作品情報

原題 Dracula
日本劇場公開日 1931年10月8日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

1231netabareの感想・評価
DVD

ユニバーサル映画のホラーシリーズの火付け役的存在。ドラキュラやフランケンシュタインなどのヒットによりアメリカのホラーと言えばモンスターものという定番が確実なものとなった。

ベラ・ルコジ演じるドラキュラ伯爵は正に怪しさ全開であった。特に目にのみ光を当てた顔のアップや鈍りの強い英語とどこか不自然な紳士調な振る舞いが怪奇スターとして最高のドラキュラ伯爵を産み出したのだ。最後は誰もが驚くあっけなさだけど。
ドラキュラ伯爵そのものももちろん素晴らしい演技なのだが、魔人ドラキュラではレンフィールドを演じたドワイト・フライもかなりの怪演だったとおもう。レンフィールドは最初真面目な弁護士として登場するものの説明もなくドラキュラ伯爵の下僕となる。その後は精神を病み精神病院にぶちこまれるというかなり波乱万丈なキャラクターなのだが、精神を病んでからの狂人としての演技に目を見張るものがあった。登場時には思いもよらないほどのギャップである。ミラの屋敷に目を見開いて佇むシーンは鳥肌ものであり、見るからに狂人であった。
ciatrをフォロー: