ジョーズの感想・評価・ネタバレ

3.4
269
8

Jaws 1975年6月20日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Tomochika_Nakanoの感想・評価
音楽がいい。暗くないホラー映画。
サメとか食いちぎられた脚とかリアル。
個人的に画期的なホラー
toshibakuonの感想・評価
サメが迫ってくる効果音と海底から海面を見上げる映像が恐怖心を煽る。サメって血で寄ってくるって聞いた事あるけど人食いザメには関係なく寄ってくるのだろうか?子供だった頃に観た時は人が襲われるシーンが怖すぎて海には行きたくないって思った懐かしき自分。
asarniの感想・評価
2016/12/05 海水浴客で儲かってる町の海岸に人食いザメが出るようになったので退治しに行く話。
yaemuguraの感想・評価
ジョーズは想像以上にでかいし、結構こわい。
Shinya_Agoの感想・評価
記録用
EwMQyCO8cfnPpGWの感想・評価
中1 の時、観た!音楽、衝撃的(^-^)
chibinaochinの感想・評価
監督27歳だったの、
guitasmaの感想・評価
ハラハラドキドキ
nothorrorの感想・評価
気負わずダラダラ見ることができる。
面白かった
gaungaunの感想・評価
記録用
Hiromi_Nakashimaの感想・評価
昔から好きな映画
Hironari_Yoshimatsuの感想・評価
スピルバーグはこれを越え
shizuka__nの感想・評価
初めて見たけど、この音楽こんなに怖かったのね
Yukari__Nakaoの感想・評価
小さい頃に
金曜ロードショーとかで何度も見たなと。

怖かったなぁー。

音楽が何よりもすごい。

あの曲聴くだけで震える
mayo0401の感想・評価
観返したら死ぬほど怖かった。サメ目線の水中のアングルが恐ろしすぎる。金字塔だなぁ、と思います
misakoooonの感想・評価
最初の犠牲者の女の子、すっごいいい演技してる!?笑

前半でどんどん犠牲者が出て、それでも事勿れ主義の市長が言うこと聞かなくて、ってところまでは展開もそこそこ早かったけど、海に行ってから飽きてしまった。。
海のシーン長すぎるー。
けどそれを我慢すると一気に「ユーサノバビッチ!!!」まで神展開!!
あと、船って意外と丈夫なんだなと思った。死んだかと思った人が生きてたのもよかった。
aimiの感想・評価
1975年 スティーヴン・スピルバーグ監督 ロイ・シャイダー主演

初ジョーズ。
まず一番びっくりしたのが、あの有名なBGMが作中で一回しか流れないことで、それも冒頭で、曲の盛り上がるところまでいかないし人も襲われない。
さらに、ジョーズって聞くと水面から背びれが出てて、遊泳客に近づき襲いかかるイメージだったけど、そんなシーンもなかった。
人が襲われるときは水面上で何もない海と人を撮るショットと、サメ目線で撮った水中のショットとが交互に映され、サメ目線でどんどん近づいていくのが恐怖。しかも水中の無音状態と水面上での賑やかなざわめきも交互になるから、無音の時が怖い怖い。

市長がとーってもむかつきます。
サメは退治したけど船は沈没してバッドエンドかと思ったら岸にたどり着いた。でも、すでにエンディングロールが始まっていて英雄二人(主人公と海洋学者)の姿が文字で隠され雑な扱いを受けている。きっとこの後、市長に言葉だけの感謝しかもらえないんだろうなぁ、きっと。

船長さんが捕食されるシーン、これはトラウマになること間違いなし。
skr_icjの感想・評価
#eiga #movie
小学生の頃、眠れなくなって以来の鑑賞。トラウマシーンを所々覚えているくらいで、内容は全く覚えていなかった。序盤からどんどん襲われていくのに、楽観的な住民、そして姿を見せないサメが怖くて怖くて。これを観た後に海に行くのが怖くなるってことは、映画を観ているだけで、自分がそこにいるかのような、実体験をしているかのような気分になっているということ。カットやアングル、音楽の相乗効果でずっとドキドキ。あんな食いっぷりの良いサメなんているはずないのにね...スピルバーグ凄すぎる...
keitonの感想・評価
ドキキハラハラ加減はいいと思うけど好きなジャンルではないというだけ
Hitomi_Murofushiの感想・評価
2015年2本目
29歳のスピルバーグ作品。もうすぐ当時のスピルバーグと同い年。
そう考えると、やっぱり凄い才能ですね。
ブロックバスター展開の駆け出し映画としても有名です。

お金かけすぎて契約切られましたが、すぐに次が見つかる。
才あるものは必ず誰かが見てますね。

背景を考えると映画は、より楽しい。
Hitomi_Okamotoの感想・評価
生々しさ。
hitomisnotebookの感想・評価
ガキの頃にガクブルして見た映画 ウン十年ぶりに再観 ガキの頃はただ怖いだけの感想だったが今観るとただ怖い映画でなくちゃんとストーリーがあってすばらしい映画 JAWSの姿が見えず樽が動き回る様は物凄く恐ろしい 激突もそうだけどカメラワークだったり構図だったりスピルバーグは若くして才能が凄いよね
Maaaaaaboouの感想・評価
歴史的名作を改めて観てみた。
スピルバーグは27歳でこの映画を撮影したらしい。
全体的にどことなく楽観的な雰囲気があって、大衆はそういうのを求めてない時代だったのかなとか思った。
もっと絶望とかがあるのかと思ったけど、そんなにだった。
あの曲がかかるとテンションあがるね。
1231netabareの感想・評価
TV

海のアニマルパニックの金字塔。後の映画に大きな影響を与えた作品だと思います。

あの音楽とサメ目線のカメラワークが観る者の不安を煽ります。ここが、ジョーズの怖いところの一つです。さらにこの巨大サメは人間の裏をかくほどの知恵もあり、パワーもモンスター級です。しかもホオジロザメそれ自体は空想でなく実在する生物であるというまさに映画史で海での恐怖の対象となる生物として右に出るものはいないといえるでしょう。

前半部分はブロディ署長がサメを警告するもむなしく被害者を出してしまう。ここでは市の利益と安全を天秤にかけたゆえの悲劇で、これは防げた悲劇であることを考えるとやりきれないものがありますね。
その後、サメ退治にクイントをやといブロディと海洋学者クーパーの三人で沖へ出ます。このトリオが結構面白い。陸ではしっかり者だったブロディは主人公とは思えないほど役に立たず海の上ではオロオロするばかり、クーパーとクイントはそりが合わないし、でも何だかんだで仲良くなるというか距離が近づいていくやり取りが楽しかったです。そんなデコボコトリオも一人は食われ、一人は意気揚々と海に降りていったのに岩陰に隠れて生き残り、一人はごっつぁんゴールでサメを爆破という結末で怒涛の衝撃展開(いい意味で!)。恐怖とハラハラを満喫できる映画でした。

yaoyasimejiの感想・評価
記録用
nicppnの感想・評価
こどもの頃の怖い思い出
SHUN_PMVの感想・評価
小学生のころガチ泣きしながら観た
hzkrouteの感想・評価
やっぱ怖いですね
Keimiyazatoの感想・評価
主演の三人にワクワクします 男臭いアルトリッヂを彷彿 映画館の大行列も懐かしい 自分は沖縄の映画館は顔パスでお金を払わなかったので行列をすり抜けて入って行った優越感 E.T. グリズリーの時もそうだったな~ ニューシネマパラダイスばりに映写室で観たり 懐かしい記憶です