カエル少年失踪殺人事件

カエル少年失踪殺人事件

作品情報

原題 CHILDREN...
日本劇場公開日 2012年3月24日
製作国 韓国

新着感想・ネタバレ

ZUKINKOの感想・評価
韓国で実際にあった「城西小学生失踪事件」の映画化。事件自体が未解決らしくて後「イ・ヒョンホ誘拐殺人事件」「華城連続殺人事件」と合わせて韓国三大未解決事件というらしい。「華城~」を映画にしたポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』程の衝撃と新鮮味はなかったかな。事件が風化していくなかでも、当事者達は絶対忘れることはないというのは常で、遺族はその後、国に提訴したとか。最後の遺骨を前にした親達の場面がとても印象的でした。ちょっと泣きそうになるくらいに。事件を風化させてはいけない、という想いが 母の最後の衝撃的な告白に込められていたのかな。それにしても、あの教授は哀れすぎ(笑)
kukucooの感想・評価
韓国で1991年に実際に起きた少年失踪事件を元にした作品。すっごい泣いた…子どもをなくした親の気持ちが痛すぎる。しかしフィクション部分で長すぎると感じる所が多かったのが残念。たぶん、中間あたりで切って最後に繋げてれば名作になった気が…
http://www.cinemarev.net/article/307146714.html
ciatrをフォロー: