トゥー・ラバーズ

トゥー・ラバーズ

作品情報

原題 TWO LOVERS
日本劇場公開日 2007年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

konoxoxomiの感想・評価
なんか、、虚しかった。
みんながどこかしら不幸な面があるけど世の中それで成り立ってるのかなあ、なんて思った映画でした。
skr_icjの感想・評価
自分の見たいものしか見えなくなる。真実が見えない。
なんて浅ましいんだろう。ぴったりハマってしまうところがまたいやらしい。
s_p_n_minacoの感想・評価
ホアキン・フェニックスが、グウィネス・パルトロウとヴィネッサ・ショウ(100%ヒラリー・スワンクだと思って観てた!)の間で悶々するお話。ネット情報漁ると、未公開作ながらかなり高評価されてたりもする。ただ…役者が3人とも辛気臭くてねえ。ホアキンは何観ても身の置き場がなくて、それが間抜けにしか見えないし。ムダに濃いし。
でもでも、母親役にイザベラ・ロッセリーニ!久々に観たけど、まだまだお美しい!そっくりな見た目とは裏腹に、イングリット・バーグマン娘が何故こんなエキセントリック女優に…と結構危ぶんでたのだが、今回は普通に良い役でした。
ciatrをフォロー: