クレイジー・ハート

クレイジー・ハート

作品情報

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
栄光も今は昔のおっさんカントリー歌手が、ひなびたニューメキシコをドサ廻りする哀愁の旅路。でもジェフ・ブリッジスは飄々としてて、シングルマザーのマギー・ギレンホールとすぐ懇ろになってイチャイチャだし(マギーさんのお色気やばい)、侘しくやさぐれた悲愴感はあんまりなく。いや、精神的肉体的には荒んでいて手痛いしっぺ返しに遭うのだけども、その哀しみや再生の過程を殊更辛気臭く描こうとはしないんだ。やっぱカントリー音楽って、パチパチ燃える焚き火の側で奏でるイメージで、この映画もそんな温かみに包まれてる。芸は身を助けるというか、例え落ちぶれても孤独ではないの。さすがジェフ・ブリッジスの歌と演奏がプロ級。全部の歌詞に字幕が欲しかった。
o325の感想・評価
落ちぶれたミュージシャン役のジェフが凄くよかった。どうしても酒におぼれるタイプは嫌悪してしまうけど再生のsuccessストーリーなのでまだ観れた。
Keimiyazatoの感想・評価
ジェフ ブリッジスとコリン ファレルの唄の上手さに驚きました カントリー絡みの作品としては 歌え!ロレッタ愛のために、忍冬の花のように、さよならジョージア、が印象に残っていますがこの作品も新たにお気に入りに加わりました、シシー スペイセクが飛び入りで歌うシーンを作ってくれたら完璧だったのに!
ciatrをフォロー: