少年は残酷な弓を射る

少年は残酷な弓を射る

作品情報

原題 WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN
日本劇場公開日 2012年6月30日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
気持ちのいい作品ではないけれど、最後まで引きずり込まれて身動きできないー。苦悩とか狂気とか憎悪が演者たちの静かな表現力で増幅されつつもバランスとれてて、余計につきささる
fmofmojimoの感想・評価
旅行家のエバは、出産、育児のためにそれまでのキャリアをすることに。そのためか、息子をうまく愛せず、また息子も父親とは良好な関係を築いているが、過剰なまでに母親になつかず、反抗する。
物語は、『何か』が起きたあとの、エバの暮らしから始まる。
とても、後に残る映画。赤が印象的に伏線のように用いられていて、映像もきれい。
ティルダ・スウィントンが見たくて。
エズラ・ミラー。
igagurichanの感想・評価
ティルダ・スウィントンとエズラ・ミラーのガチンコ勝負。

いったい何なんだよ...観る人が憤りを感じる映画なのかもしれない。
突き詰める所は似たもの親子の物語。
偽りの愛→暴力→真実の愛。
抑えきる事の出来ない程の感情の爆発。
ラストカットのエズラ・ミラーの瞳の変化は、この物語の全て。
人には大きな声で言えない、大好きな映画。
ciatrをフォロー: