パリ20区、僕たちのクラス

パリ20区、僕たちのクラス

作品情報

新着感想・ネタバレ

kanameanditの感想・評価
人種差別や自由奔放の子供を教育する先生の苦痛を描くはなし。フランスの映画。
whentheycryの感想・評価
ドキュメンタリーなのでは?と思うぐらいにリアル。
出身国も母国語も違う生徒たちが通う教室。そこだけが違うだけで根本は僕の中学時代と同じだった気がする。

この映画には目に見えて熱血な教師はでてこない。
イライラするあまり「ベタス(売女)」と生徒に言ってしまう先生が主人公。

見ているとハラハラしてしまうけどそれは過保護な現代のモンスターペアレントというものを知ってしまっているからであって先生の本質も生徒の本質も『良き人間』であるのが最後まで見てわかった。
本当に生徒役の子達がほとんど素人には思えない素晴らしい演技をしていてドキュメンタリー感覚だった。
Nabe_Tanの感想・評価
ドキュメンタリーかと思うほどリアル。
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞も納得。教育現場って綺麗事じゃ行かないのね。
ciatrをフォロー: