1/880000の孤独

1/880000の孤独

作品情報

原題 1/880000の孤独
日本劇場公開日 1977年11月30日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

kirakira_no_utaの感想・評価
高校大パニック/88万分の1の孤独(1977/1978)
石井聰互。高校大パニックは石井監督が大学生のときに自分の高校時代の思いを縛った妄想映画。スタッフも役者も素人。のちに、日活で映画版にリメイクされます。

「数学できんが何で悪いとじゃあ!殺したるぅ!」

8mmで撮影された17分ほどの作品は、男子生徒がショットガン持って教室に乱入してきたと思ったら問答無用で教師射殺。


もうひとつの88万分の1の孤独は、
孤独な三浪受験生のどん詰まりな日常が延々と流れます。おっさんじゃないか!ってくらいの大学生受験生。三浪してるから、21歳かな?友達もこれと言って居なく、分刻みのスケジュールを立て、誰にも相手にされず、明日の希望も保証も無い。
何もかもが面白くない、ムカつく。そしてある日突然・・。
高校大パニックとは対照的でしたが、なかなか残念な男をずっと観るのも面白かった笑
polo1026の感想・評価
これも石井聰互監督作品。
高校大パニックで受験勉強ノイローゼになった高校生と丸被りですが、こっちは大学受験に失敗し続けている浪人生が主人公。
金なし、友達なし、たまにポルノ映画を観に行くのが唯一の娯楽という鬱々とした生活を送る浪人生。(まるで「タクシードライバー」のトラヴィスみたい)
浪人生活3年目の合格発表の結果はいかに。
(良い意味で)すんごい気持ち悪い映画なので、覚悟してから観た方が良いと思います。
ciatrをフォロー: