アイ・アム・キューブリック!

アイ・アム・キューブリック!

作品情報

原題 Colour Me Kubrick
製作国 英・仏

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

tmmyonの感想・評価
なぜなんだ、なぜこの偽キューブリックは魅力的なんだ・・・
話し方、たたずまい、ファッション。この人に騙されても(小金なら)まあいいかな。
誰かになりすますも、そっちが本当の自分みたいになって、その誰かが自分になりすましている。みたいな不思議な感覚だった。結局何が言いたいとかはよくわからんけどコメディとして見たらいいのか。
southpumpkinの感想・評価
言わずと知れた映画監督、スタンリー・キューブリックの名を騙る詐欺師のお話。騙る、と言っても大きな詐欺を働くわけではなくセコい額を稼ぐだけなのですが、最後まで観れば彼が何のために詐欺をしているのかがなんとなくわかります。後半からの展開が素晴らしく良かった。
詐欺師でゲイでアル中という非常に難しい役どころを演じるのはジョン・マルコヴィッチ。この演技なんか賞を取ってもいいくらいの演技をしていると思うのですがいかがでしょうか。劇中で「ジョン・マルコヴィッチが~」というシーンが面白かったです。
随所にスタンリー・キューブリックのオマージュがあるのも注目の一つ。『2001年宇宙の旅』のオマージュは笑いました。すこぶるくだらない。この映画監督は長年キューブリックの助監督を務めた方らしく、脚本はキューブリックの個人アシスタントを務めた人だそうです。くだらないオマージュもこの二人のおかげでできたんでしょうね。
ayamilkyの感想・評価
キューブリックを騙る詐欺師のお話。
ジョンマルコヴィッチは本当に面白い!
実話に基づいてる〜?的な作りのようで、どこまで事実かはわかりませんが、この展開が本当なら数奇な運命を送られたようですね。
キューブリック作品あまり見てないからわからなかったらどうしよう!とか思ったけど、本人知らない方がいいかもしれない笑
ciatrをフォロー: