奇術師フーディーニ -妖しき幻想-

奇術師フーディーニ -妖しき幻想-

作品情報

原題 Death Defying Acts
製作国 イギリス

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

s_8o1の感想・評価
フーディーニの数奇な人生についての長編。
フーディーニについては、トリックを見ていたので興味があったし知っていた。なので楽しく見れた。
彼のエンターテイメント性と母親と妻への愛がよくわかる描写が見受けられた。
tategotoの感想・評価
20106月に鑑賞
____RiN____の感想・評価
19世紀の実在のユダヤ人奇術師ハリー・フーディーニをモチーフにした作品。

インチキ霊媒師親子のメアリーとベンジ―は、町に訪れたフーディーニから多額の懸賞金を巻き上げようと奔走するが、彼のピュアで温かい人柄に触れるうちに惹かれていってしまう、という、「ショコラ」を彷彿とさせるストーリー。

セピアがかった映像とところどころファンタジーな奇術の表現がとてもムーディー。 キャサリン・ゼタ=ジョーンズと シアーシャ・ローナンの美人親子の雰囲気も絶品だが、ガイ・ピアースのとぼけた演技も愛らしい。
幸せな映画です。

ciatrをフォロー: