インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》

作品情報

原題 Raiders of the Lost Ark
日本劇場公開日 1981年6月12日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
少し前にディズニーへと行った際に、超有名だけれどまだ手をつけたことがない作品が意外と残っていることに気づいた。例を挙げるならそう、あのスター・ウォーズやこのインディ・ジョーンズ。

というわけで観てみたけど、いやはや流石というかやっぱりというか面白いなぁ。初っ端からトラップまみれの遺跡、たまらない。そして敵役はこの時代ならまぁ鉄板なのかナチスドイツ。カーチェイスやガンファイト、肉弾戦も中々に素敵(特にカーチェイスが好き)。

とまぁここまで鉄板で固めていてヤワな映画なワケ無いのか、個人的には想像していた以上にインディが人間味あるキャラクターだったのがイイ意味で意外だった。

実はクリスタルスカルだけは劇場で観た事があったのだが、やっぱり若い頃のハリソン・フォードはメチャメチャ格好イイね。よし、このまま二作目も観よう!
Pit7775Pitの感想・評価
ど頭のつかみが最高。短い尺で冒険のワクワクを最大限に!からの2度の裏切り面白すぎる。個人的にその後の展開がちょっと長くてぐだったかと思いました。ですがアークを見つける蛇のくだりら辺から冒険ストーリーが展開され盛り上がった。
ラストは意味がないのだが自分も眼を閉じてしまった笑
southpumpkinの感想・評価
実は初鑑賞だったのですが、どこか懐かしさすら匂わせるド直球ド定番な冒険活劇エンターテイメントです。金ピカで大きめな箱を悪い奴らと取り合うお話は誰が観てもハラハラと心躍らせるものです。
テンポの良さがとても心地よいです。コミカルな描写にも躊躇していないように感じました。ヒロインと敵が扉に入っていって、打撃音がして、ヒロインだけでてくる。この辺りのギリギリのフィクション感がうまい具合に統一され、格闘シーンが全くいやらしくありません。まさに全年齢対象!鑑賞後には大人も子どもも冒険に出かけたくなります。(ちなみに僕はこの後に『ミザリー』を観ました)
ハリソン・フォードが最の高でした。この映画のハリソン・フォードってブラッドリー・クーパーに似てませんか?
ciatrをフォロー: