未知との遭遇の感想・評価・ネタバレ

3.3
119
9

Close Encounters of the Third Kind

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

majimumi_の感想・評価
ゲーム「MOTHER」のヒントにもなったといわれる映画を鑑賞 なるほどMOTHERだ
SF超初心者にもわかる音での演出、取り憑かれたように未確認物体を追い求める人々、そしてラストのガチの未知との遭遇・・・
映画らしくてよかったです!
あの和音5つが頭から離れない!
HMworldtravellerの感想・評価
【夢にあふれた愛すべきポンコツSF映画(笑) 】

拝啓 スピルバーグ監督殿 恐れ多くも、巨匠と呼ばれる監督の傑作にとても失礼な言い方をお許しください。正直に告白すると、これを観た時、夢にあふれた愛すべきポンコツSF映画だと思いました。ただ、誤解しないでください。ディスっているわけではありません。私は監督の大ファンです。未知の生命体への畏怖と憧れ、宇宙の神秘の飽くなき追求、侵略ではなく友好的関係が築けたらどんな未来が広がるだろう。心を躍らせ、子供のように目を輝かせて本作を作る監督を勝手に想像しています。

が、かなり無茶で荒唐無稽な描写や設定が多くありませんか 笑??中盤、延々と続く UFOに魅入られた人々の行動はまるで悪霊に取り憑かれたか、カルト宗教のマインドコントロールに遭ったかのようです。

主人公のあのジオラマ作りは、隣家のアヒルさんの囲いの柵を引き抜いたり、ゴミをブチまけて奪ったゴミ箱を持ち込んだり、片っ端から庭の植栽を引っこ抜いて窓から投げ入れるのもどうかと思いましたが、もっと驚いたのはあれをリビングルームに作ったことです。雨で崩れるのを避けるためであったとしても、田舎町ですから倉庫とか納屋とかいくらでもジオラマ作りに適した場所はあるように思います。

宇宙人との交信も、あの5つの音の意味が解明できないうちに繰り返し発信するのはヤバくないですか?「ハロー」という意味ならいいけれど...
enoooooyの感想・評価
五音で宇宙船と会話するところ楽しい
takakazuの感想・評価
未知と会うまでを描いた映画。
鑑賞後の満足感、そこに完成度の高さを感じる。
shizuka__nの感想・評価
監督スピルバーグ、音楽ジョン・ウィリアムズのおそらく初めての映画。すべてはここから始まったって感じか。ちょっと不気味だけどわくわくしてしまう。
obaoverの感想・評価
地球侵略だと思ったけど違った。。魅了されました。。
____RiN____の感想・評価
何度か前述している、「言うまでもない傑作」の一本に間違いなく数えられるであろう、史上のSF映画。
これが!SFだぞ!!と力を込めて言いたい、SF嫌いとかいう人はアレでしょ?スペーシ―な空間でネオンっぽい武器でびしばしやって、めまぐるしく画面が展開してドンパチするやつが苦手なんでしょ?SFは!そんなんばっかりじゃないから!!懐の広いジャンルだから!!

謎の発行体の現れた世界各地の街で、偶然通りすがったそれを目にし、魅了された人々を描く今作、その「魅了される」表現が、とても見事なのです。キツネ憑きよろしく、正常な人々から見ると異常としか思えない数々の奇行も、主人公ロイのセリフにもあるように「角度を変えてみればマトモ」なのかもしれません。また、あらゆる説明的シーンが意図的に省かれているのも、この時期のハリウッド作品としては異例中の異例。観客に、想像力を使うことを強く要求します。
ラストシーン、ああなったのも、誰が一番純粋に魅了されたか、ということに尽きるのだと思う。他の何もかもを捨てて、純粋に没頭したものだけが選ばれ、船に乗り、次の世界へと行ける、まるで芸術の世界を描いているようでもありました。スピルバーグ監督は、文字通りすべてを映画に奉げているのかもしれない。

かのSF嫌いで有名なバリバリの人間ドラマ派(しかもフランス人)トリュフォー監督が、渋々とは言えほぼ主役みたいな役で出演していることか...
yusukeの感想・評価
potunenの感想・評価
初めて見たけど、今見てもピンとこない系。当時はすごかったのでしょう。主人公に対する嫌悪感がすごくて、楽しめなかった。。
mopicoの感想・評価
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
????
Miyu_Kawasujiの感想・評価
観てるとシゲキックスが食べたくなるね〜
5つの音階で宇宙人と交信を図ろうとしてる時、好戦的な信号だったらどうするの?!とか、宇宙人が降り立とうとしてる時、最後主人公がビックリ行動をする時、いやいやいや危ないから止めとこうよ、と思ってしまう私は、人生の中で最高に面白い体験ができる機会を逃してしまう人間なんだろうなと思ってちょっと哀しくなった
ShogoNaramotoの感想・評価
都市伝説好きには欠かせない映画❗
Tomochika_Nakanoの感想・評価
大人が家族を投げ出し無我夢中で追いかける、SFが持っている魅力なのか、そんな感じがした。ラストシーンは圧倒。音、宇宙人の描かれ方、美しくてワクワクした。
1uhyaの感想・評価
ファイナルカット版。
特撮映像はやっぱり良い……。
未知との遭遇とあるようにあくまでも宇宙人とのコンタクトに留まる地味さが逆に斬新で良かった。物足りなさも感じるけれど。

shinikedの感想・評価
有名な映画の割にはあまり印象に残らないような話だった。
ただおそらくUFOや宇宙人の特殊効果は当時としては画期的だったのだろう。
otibosiの感想・評価
未知との遭遇

1980年代のスティーブンスピルバーグ監督作品。

今更感。
今後も見るだろうSF作品を見るための、押さえておくべき古典のつもりで見た。

最後まで残る疑問はたくさんあるけど、設定を語り過ぎないことで独特の世界観を作っていることがよくわかる。

主人公がエンディングでどち...もっと見る
mataro_minceの感想・評価
ラストシーンは圧巻に尽きる。
大音量で観たい映画。
サントラあれば買いたい。
jpn9207の感想・評価
わくてか
Keimiyazatoの感想・評価
かなりの強引な展開、でもこの頃のスピルバーグには強引に引っ張る子供騙しな力があったな~ 終身娯楽作品を貫いてほしかった!同時期にあったピンク映画ミッチーとの挿入も忘れられない、セーラー服と一晩中ってのもありましたね。
hitomisnotebookの感想・評価
時代を感じさせられるが現代でこの映画を作ると作り手の自己満で「ドヤッ!CG凄いやろ」でストーリーとか二の次になるのだろう 映像は美しく作り手の遊び心も感じられとてもいい映画だね ワクワクするってこういうことなんだと思う
theHeiseiの感想・評価
音に圧倒されるに尽きる。
aimiの感想・評価
1977年 スティーヴン・スピルバーグ監督 リチャード・ドレイファス主演

うーん…なんだかなぁ…
未確認物体に遭遇して、家族を捨てた男にしか見えなかった(´・_・`)
特に、奥さんとドライブに行った場所で抱き合ってるシーンと食卓でのシーンは悲しい。

息子が誘拐されるシーンは、本当ホラー映画ばりに怖かった!
最後の最後まで「あのメロディ」は宣戦布告の合図で、人類殲滅エンドだと期待してたけどちがかったね…。
HIROY000の感想・評価
今から37年くらい前の作品だけど普通に見れる。スピルバーグ監督がどれだけ凄いかがわかる。UFOが雲から出るシーンや最後のシーンの映像が美しい。そして音で宇宙人と コミュニケーションを取るシーンは素晴らしいかった。
Yukinaga_Furuiの感想・評価

スティーブン・スピルバーグ監督。
スピルバーグが初めて監督に携わった記念すべき作品。
宇宙人は地球侵略という考えから、地球人との分かち合いという考え方を変えた最初の作品らしい!w
me_car3の感想・評価
交信音が頭に残って、なんともいえずふわふわする試聴後感。昔のSFものは現在からみると残念なこともあるけどスピルバーグのはE.Tも然りだけど、時代を超えた面白さがある。特撮技術だけに頼った映画作りをしていないからかな。
misaki14yamaの感想・評価
@早稲田松竹