ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-

ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-

作品情報

原題 United
日本劇場公開日 2012年7月7日
製作国 イギリス

新着感想・ネタバレ

Yukari__Nakaoの感想・評価
サッカー好きですが
あの、不死鳥にはこんな意味があるのかと
初めて知りました。

皆さんも言ってますが
最後のコーチの
『いってこい』
この言葉に、グッときます。
Yuki__Masuyamaの感想・評価
1958年にドイツ•ミュンヘンで、サッカーのクラブチーム、マンチェスター•ユナイテッドの選手らを乗せたチャーター機が事故で大破。
乗客乗員44名のうち、当時の主力選手8名含む23名が死亡。
チームは壊滅状態となる中、一人のコーチがチームを立て直すために奮闘した話を描いた実話。

サッカーチームの話だけど、サッカーの試合をするシーンはなく、作り手の伝えたいことが明確に伝わってくる作品。
t1014の感想・評価

【悲劇から栄光へ】

離陸に失敗し、多くの犠牲者をだした悲劇から 立ち直っていくさまを描いた作品

選手も、スタッフも亡くなった悲劇により、歴史あるチームは一時的に運営の継続が不可能となりはじめた。

しかし、コーチのジミーは違った。
「今こそこのクラブの底力をみせるべき」
そういい放ち、使えそうなアマチュアを次々と入団させていく。

苦悩の中で奮闘する姿に感動した
一人のサッカーファンとしても、この悲劇を偲ぶと共に これからも敬意を示したい。
ciatrをフォロー: