ダブルフェイス 秘めた女

ダブルフェイス 秘めた女

作品情報

原題 Ne te retourne pas
日本劇場公開日 2009年6月3日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
2012.1月に鑑賞
Daichi_Yamadaの感想・評価
だんだん自分じゃなくなっていく。顔までが…。
____RiN____の感想・評価
作家を目指しているジャンヌ(ソフィー・マルソー)は、8歳のときより以前の記憶が無いことに悩んでいた。そのことに加え、作品も上手くいかず、情緒不安定気味な毎日が続いていた。そんな中、家具の位置やアクセサリーなど、日常の微細なものが覚えのないものに変わっていっていることに気付く。そのうち夫や子供たちまで、見覚えのない人間へと変わっていってしまう。
パニックを起こしたジャンヌは、記憶の断片を求めて幼いころの思い出の地、イタリアを訪れる。そこでジャンヌが手にした真実とは。

全体としてはサスペンスタッチ。
それに加えて仏映画特有の「意味ありげ」な雰囲気がよくマッチしている。

ただ、まあ、この手の映画はたくさんあるので、特に秀でているというわけでもないかなあと。モニカ・ベルッチは綺麗。
ciatrをフォロー: