ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド

ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド

作品情報

原題 Marley
日本劇場公開日 2012年9月1日
製作国 アメリカ・イギリス

新着感想・ネタバレ

doortothedoorの感想・評価
映画の日に観ました。
「ボブ・マーリー」
という名を聞いて何を浮かべるだろう?
マリファナ吸ってる人?
レゲエの神?
ラスタカラー?
革命家?
ワンラブ?
ラブ&ピース?

彼の名前があまりにデカ過ぎて、今まで知ったかぶりをしていたなと、この映画を観て思い、恥ずかしくなった。

ラスタファリ運動の思想や時代背景を触れながら、アーティストとしてだけでなく、家族の顔や男として、人間として、しっかりと丁寧に描かれている。

ドキュメンタリー映画で泣いたのは初めてです。

しばらく立ち上がれないのは、自分だけじゃなくて、周りの観客ほとんどでした。

こうして今、ボブ・マーリーを聴いてると、観る前とじゃ1曲1曲の重さが違う。
35DH1の感想・評価
昨日観た『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』、いやぁ、最高のドキュメントでした。ミュージシャンと言うよりも、一人の人間(父)としてのボブのLove & Peaceな生き様を心に焼き付ける事ができる傑作ではないでしょうか?名前は知ってるけど、音楽聴いた事は無いと言う方も、この作品をきっかけにして彼(レゲエ)の音楽を聴いてみるのも良いのでは?(^^)→ bit.ly/SakQeN
ciatrをフォロー: