鏡

作品情報

原題 ЗЕРКАЛО / The Mirror
日本劇場公開日 1970年1月1日
製作国 ロシア

新着感想・ネタバレ

Yuzukappaの感想・評価
叙事詩。
おそらく、ものすごく監督の個人的なイメージの連鎖で成り立っているんだろう、ストーリーで楽しむというものではない、、極めて映画的。
よくわからず見ていくとたまにハッとするようなカットが飛び込んでくる。
特に急にふく風。わけがわからない、
あと落ちるコップ、など、
夢、みたいな、断片的なイメージで構築されている映画。
誰かに解説してもらわないと、自力では理解しきれないような気がする。
bonkuraman69の感想・評価
なんとも不思議な映画でした。
タルコフスキーの自伝的な映画らしく、ストーリーがなく小さな頃の思いでや夢や体験が羅列されており、同軸に原爆やスペイン内戦、ソ連初の成層圏飛行などが挿入されている。時系列もばらばらでよくわからなくなっています。
しかし、思い出や自分の出来事に時系列って大切でしょうか、自分が納得すればそれでよいのでは、だからこれでいいのだと思います。
映像の力、芸術性には息を飲みます。また、リングの貞子の原形はこれから来ているのではないでしょうか。ホラー映画としても一級品と思います。
眠くなる事請け合いなんで体力ある時に観た方がよいです(笑)
Yokoo_Hitoshiの感想・評価
生涯のなかで最高の作品。タルコフスキーは凄い。
ciatrをフォロー: