女と男のいる舗道

女と男のいる舗道

作品情報

原題 Vivre sa vie: Film en douze tableaux
日本劇場公開日 1963年11月19日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

sekhisakoの感想・評価
何度も観たいと思える映画。1962年のゴダールの作品。原題は邦題と全然違っていてVivre sa vie: Film en douze tableaux「自分の人生を生きる、12のタブローに描かれた映画」。
misaki14yamaの感想・評価
三度目の鑑賞。アンナ・カリーナが演技に入る直前の様子などをカットせずにそのまま作品の一部としたため、演技にこだわる彼女の逆鱗に触れ、結果、アンナとゴダールが仲違いするきっかけになった作品らしい。
ciatrをフォロー: