情婦

情婦

作品情報

原題 Witness for the Prosecution
日本劇場公開日 1958年2月6日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
歴史的な大傑作です!何で今まで未見だったのか後悔しています。
ビリー・ワイルダー作品は大好きでほぼ観ていますが、この作品は彼の映画の中でもトップを争うくらい好きな映画になりました。
観終わった後に物凄い興奮、様々な気持ちが入り混じり、長い余韻がありました。
物語のラストに、『まだこの作品を観ていない人の為にも、結末は絶対に話さないでくださいね』とナレーションが流れるように、内容については殆ど触れられないのですが、予備知識なしの状態で是非未見の方はこの作品を楽しんで欲しいと思います。
長い間絶句し、全身が震え上がる映画には久しぶりに出会いました。
まだちょっと震えてます(^◇^;)
tmmii23の感想・評価
ラストにはゾクっとした。
lessmoreの感想・評価
原作アガサクリスティー
1957年製作の法廷ミステリー
未亡人殺しの容疑者ヴォールは無罪か有罪か
殺人の動機に繋がる証言者や謎の多い妻
裏切りとなる妻の証言や新証拠のタレコミ
弁護士ロバーツの洞察力や心理追及

アガダクリスティーのミステリーの世界観が楽しめる


ciatrをフォロー: